NEWS

新着情報

NEWS

© CHUBU SHOBOU TENKEN SEAVICE Co., Ltd.

コラム

全国安全週間スタート 消防設備保守点検・改修・工事と建築物調査・建築設備検査の中部消防点検サービス株式会社 中部建築設備二級建築士事務所 愛知県、岐阜県、三重県、静岡県

全国安全週間スタート 建築物調査・建築設備検査 愛知 岐阜 三重 静岡 中部建築設備二級建築士事務所

本日より全国安全週間が、スタートしました。


現在、建設業界はアメリカ中国急激な建設需要増加に伴い、ウッドショックと呼ばれる木材不足に陥っています。日本の建設現場の木材の7割が輸入の木材で、3割が国産の木材です。輸入木材の大半ヨーロッパから輸入していますが、その木材がアメリカ中国に行っています。木材の価格高騰により中小の工務店は、経営を圧迫されていますが、企業努力により値上げ幅を抑えています。このままウッドショックが続けば、中小企業の工務店の資金繰りが厳しくなります。

そこにきて建設現場は毎年人手不足で、大事な人材が怪我をしたり亡くなられたりしたら大問題です。

この安全週間で、安心・安全な作業場作りが重要となって来ます。



1日朝、東京都中央区で進むタワーマンションの建設現場。鹿島の天野裕正社長が視察に訪れ、現場で作業する協力会社社員ら約400人に「休業災害をゼロにするため、不休災害をゼロに近づけることが大切。事故をなくそうと心の持ちようを変えなければならない」と訓示した。

厚労省のまとめによると、建設業で死亡したり4日以上の休業を強いられるけがを負ったりした人数は、製造業、陸上貨物輸送事業に次いで多い1万4977人(前年比206人減)。建設業事故の型別では、死亡災害死傷災害ともに「墜落・転落」が最多だった。

 

全国安全週間は昭和3年から始まり今年で94回目。厚労省によると、労働災害は長期的には減少しており、昨年の労働災害による死亡者数は3年連続で過去最少となる見込み。一方、休業4日以上の影響が出た労働災害による死傷者数は、高齢者の労働災害増加傾向にあることなどから、平成14年以降で最多となる見通しという。




部消防点検サービス株式会社部建築設備二級建築士事務所は、防設備保守点検・改修・工事と築物調査・築設備検査に特化した会社です。


定建築物定期調査 建築基準法第12条第1項


調査内容は、建物が建っている敷地から建物の外部・内部・避難に関わる内容など、130項目程度に及びます。

敷地及び地盤 ➁ 建物の外部 ③ 屋上及び屋根 ④ 建物の内部 ⑤ 避難施設等 ⑥ その他

資 格
     一級建築士・二級建築士・特定建築物調査員

報 告
     特定行政庁へ、3年に1回報告義務があります。


定建築物定期調査 外壁調査 建築基準法第12条第1項

調査方法や調査内容により金額が異なります。(書類作成費及び特定行政庁への書類申請費を含みます

手の届く範囲を打診棒を用いて打診その他を目視で調査し、異常があれば、全面打診等により調査し、加えて竣工、外壁改修などから10年を経てから、最初の調査の際には全面打診等により調査を行う。

但し、3年以内に外壁改修の予定がある場合や安全策・保全策が講じてある場合は免除となります。
最近では、赤外線カメラによる外壁調査が普及してきました。

赤外線カメラによる調査のメリットは、価格が安いことです。
デメリットは、晴れた日にしか調査が行えないことです。

資 格
     一級建築士・二級建築士・特定建築物調査員

報 告
    特定行政庁へ、3年に1回の報告義務があります。

 

築設備定期検査 建築基準法第12条第3項


検査内容は、建物に付属する機械設備や給排水設備等を検査します。

換気設備 ➁ 排煙設備 ③ 非常用の照明設備 ④ 給水設備及び排水設備  ※ 昇降機は検査の対象外となります。

資 格
     一級建築士・二級建築士・建築設備検査員

報 告
     特定行政庁へ、1年に1回報告義務があります。


火設備定期検査 建築基準法第12条第3項


いざ火災が発生した際、被害の拡大を防ぐ重要な役割を持つ防火扉防火シャッターといった防火設備の作動検査を行います。

防火扉 ➁ 防火シャッター ③ 耐火クロススクリーン ④ ドレンチャー設備

資 格

     一級建築士・二級建築士・防火設備検査員

報 告

     特定行政庁へ、1年に1回報告義務があります。



   公益社団法人 愛知県建築士事務所協会 二級 愛知県知事登録 (ろー3)第7597号



しくは、愛知県こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、名古屋市こちら外部リンクご参照下さい。

しくは、豊田市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、一宮市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、岡崎市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、春日井市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、豊橋市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、こちら会社案内をご参照下さい。

しくは、こちら点検項目をご参照下さい。

しくは、こちら試験項目をご参照下さい。

しくは、こちら改修工事をご参照下さい。

しくは、こちら建築基準法第12条関連をご参照下さい。

しくは、建築設備定期検査こちらYouTubeをご参照下さい。

しくは、財団法人 愛知県消防設備安全協会 こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、一般社団法人 日本消火器工業会こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、こちらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

しくは、こちらGoogle Mapsをご参照下さい。


防設備保守点検・改修・工事のプロフェッショナル!!
築士事務所クオリティで、適正価格!!
部消防点検サービス株式会社 部建築設備二級建築士事務所
TEL : 0561-73-4567 FAX : 0561-73-4578
お見積り・ご相談無料!! お気軽にご連絡下さい。

SDGsカーボンニュートラルを支持します。




建築物調査・建築設備検査 消防設備工事建築物調査・建築設備検査 消防設備工事建築物調査・建築設備検査SDGs 持続可能な開発目標カーボンニュートラルQRコード 中部消防点検サービス株式会社 中部建築設備二級建築士事務所

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

CONTACT

お問い合わせ