NEWS

新着情報

NEWS

© CHUBU SHOBOU TENKEN SEAVICE Co., Ltd.

コラム

【業界No.1】 特定建築物調査が建築士事務所なのに今この価格!! 三重県 三重|三重県(津市、津、四日市市、四日市、桑名市、桑名、鈴鹿市、鈴鹿、松阪市、松阪)|特定建築物定期調査の中部建築設備二級建築士事務所 MIE|建築基準法第12条第1項

特定建築物調査 三重県 三重 中部建築設備二級建築士事務所

定建築物定期調査 建築基準法第12条第1項 三重県 MIE


特定建築物定期調査とは、建築基準法第12条第1項により定められてします。建築物の調査と報告が義務付けられている建築物の調査(2016年6月以降は、特殊建築物定期調査から特定建築物定期調査へと改名されました)を行い3年に1回調査をして、特定行政庁へ報告します。

特定建築物定期調査の目的は、建築物の異常に起因する人身的や経済的な事故と損失を事前に防ぐために、一級建築士・二級建築士・特定建築物調査員などの有資格者が、異常がないか調査を実施して、異常が確認されれば管轄する機関を経て特定行政庁に報告するほか、所有者や管理者に是正や改善を勧めることにより建築物の安全を維持して、第三者に調査の内容や安全であることの旨を公表することを目的としたものです。

調査の内容の一部としては、防火区画の適切な設定、避難階段・避難器具の整備、前面空地の確保など多くの安全対策が行われているかを調査します。また、建築物の躯体・外部設置機器・塀などの劣化状況の把握が必要となります。

事故等を未然に防止するほか、防火対象物(建築物)を良好な状態に保てるように努めなければなりません。

定建築物定期調査費 35,000円(税抜き)~ (書類作成費及び特定行政庁への申請費を含みます

調査内容は、建物が建っている敷地から建物の外部・内部・避難に関わる内容など、130項目程度に及びます。

敷地及び地盤 ➁ 建物の外部 ③ 屋上及び屋根 ④ 建物の内部 ⑤ 避難施設等 ⑥ その他

資 格

 一級建築士・二級建築士・特定建築物調査員

報 告

     特定行政庁へ、3年に1回報告義務があります。


部建築設備二級建築士事務所では、つい忘れがちで面倒な特定行政庁への報告も代行して行います。

部建築設備二級建築士事務所は、万が一の事故の際に備えて、1億5千万円損害責任保険特約を結んでいます。



延床面積により金額が異なります。



     公益社団法人 愛知県建築士事務所協会 二級 愛知県知事登録 (ろー3)第7597号



しくは、三重県こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、津市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、四日市市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、桑名市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、鈴鹿市こちら外部リンクをご参照下さい。

しくは、松阪市こちら外部リンクをご参照下さい。


しくは、こちら建築基準法12条関連ご参照下さい。

しくは、財団法人 日本建築防災協会こちら外部リンクをご参照下さい。


しくは、特定建築物定期調査こちらYouTubeをご参照下さい。

しくは、こちら部消防点検サービスについてをご参照下さい。

しくは、こちらお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。

しくは、こちらお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

しくは、こちらオンライン商談(ZOOM)よりお問い合わせ下さい。

しくは、こちらGoogle Mapsをご参照下さい。


【営業エリア】


三重県(津市・四日市市・桑名市・鈴鹿市・亀山市・松阪市)


防設備保守点検・改修・工事のプロフェッショナル!!
築士事務所クオリティで、適正価格!!
部消防点検サービス株式会社 部建築設備二級建築士事務所
愛知県日進市竹の山五丁目1703番地

東名高速道路・名神高速道路 名古屋インター ・・・ 約15分
名古屋高速道路 
高針インター ・・・ 約15分
名古屋第二環状道路 植田インター ・・・ 約15分


四日市市内 ・・・ 約1時間15分

TEL : 0561-73-4567 FAX : 0561-73-4578
お見積り・ご相談無料!! お気軽にご連絡下さい。

SDGsカーボンニュートラルを支持します。




特定建築物調査特定建築物調査 外壁調査特定建築物調査特定建築物調査特定建築物調査特定建築物調査







最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

CONTACT

お問い合わせ